2007年02月04日

LINGUA FRANCA

DVC00001.jpg by brother



LINGUA FRANCA(リングァ・フランカ)につづく通い慣れた風景です。


2005年、3月8日にオープンした
LINGUA FRANCA(リングァ・フランカ)のカフェ&ギャラリーが
1月31日をもって閉店しました。

閉店最後のイベントに参加させて頂きましたが、
正直ちょっと切ない気持ちでいっぱいでしたので、
たくさん食べて食べて飲んで呑んで飲みました。

開店からのおつきあいなので、
たくさんの思い出と思い入れのあるお店でした。

去年の12月、革意匠工房の5人展をやった思い出も深く
たくさんの方々に来て頂いて嬉しかったことを思い出しました。

お店でのイベントや常設品を買ってくださった方々との交流も
兵庫県立美術館のミュージアムショップでの販売と企画展示も
リングァ・フランカ企画で実現しましたし、
そこでの出会いや発見は宝物です。

これからもリングァ企画は進化発展を続けますから、必要以上にしんみり
するつもりはないのですが、アジトのような秘密基地のようなあの場所が
なくなるのはやっぱりちょっとさびしいです、けどもっ!

新しい挑戦と出発に向かって邁進します。
これからも、リングァ・フランカと私たちの成長と発展を
たくさんの方々に見守って頂けるよう歩んでいきたいと思います。


以下、「リングァ・フランカからのおしらせ」です。


ビル解体と今後の活動についてのお知らせ
当ショップの入るビルが今春解体されることとなりました
現在の場所での営業は下記(残りの営業日について)の予定で
終了いたします

今までカフェ・バーに足を運んでくださったお客さま
ライブイベントに参加くださったお客さま
ギャラリーをご利用いただいたアーティストの方々
イベントにご協力いただいたアーティストの方々やスタッフの方々
当店を支えてくださった全ての方に心よりお礼申し上げます

今後の活動に関しましては
南谷(バーテンダー)は神戸の新たな場所でバーを営む予定です
古谷(プロジェッティスタ)はスキルアップのため
東京で商品開発やブランディングを手がけるプロダクションに
所属いたします

何年先になるかは分かりませんが
さらにパワーアップして「リングァ フランカ」を
復活させたいと思っています

「変化の時は進化の時」そんな気持ちを胸に、
皆様とのつながりを保ちながら
新たな場所で新たな活動を展開いたしますので
今後ともどうぞよろしくお願い致します

残りの営業日について
表現するお店「リングァ フランカ」の営業日もあとわずかとなりました
カフェタイムに関しましては1月31日(水)をもちまして
営業を終了いたします
バータイムに関しましては2月10日(日)まで営業いたします
※ビル解体の時期によってはバータイムのみ営業日を
延長する場合もございます
詳しくはお問い合せください


http://www13.ocn.ne.jp/~ozart/



最後になりましたが

たくさんの出会いと経験をリングァ・フランカを通して
提供しつづけてくださった南谷さん、古谷さん、
お店でお買い上げくださいました皆様、
本当にありがとうございました。








posted by go-syu at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。